読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七つの海/岩泉舞

七つの海 岩泉 舞短編集1

  • ふろん(週刊少年ジャンプH元年オータム・スペシャル)
  • 忘れっぽい鬼 (  〃     ウインター・スペシャル)
  • たとえ火の中…(  〃  平成2年25号)
  • 七つの海   (  〃  平成3年20・21合併号)
  • COM COP (  〃  平成3年39号)
  • COM COP2(  〃  平成4年10号)

いわゆるジャンプの黄金期の作品。コミックの表紙には「1」の記載があるも、このコミックのみ。

岩泉舞 - Wikipedia

 

自分がこの作者さんを知ったのは「たとえ火の中…」でだった。

当時の自分はジャンプ本誌を近所の駄菓子屋にて予約して毎週購入したいた。

本誌中ほどの、センターカラーで乗っていたのが「たとえ火の中…」だった。

読みながら帰宅している最中、びっくりしたのを覚えている。

だって、絵柄が高橋留美子だったから。

(線は細いけど、カラーの塗り方も似ていた感じ。)

 

その1年後、何号か連続で読み切りが掲載されていたうちのひとつが「七つの海」だった。

絵柄がちょっと鳥山明風味になってる。

読んだ当時、好きなんだけど、ちょっと受け入れらない部分があったお話。

中学生になって数か月の自分、いろいろあってゲームや本の中に逃げていたい状況だったからかもしれない。

大人になった今、心に突き刺さることはあるけれど、受け入れらない部分はもうない。

そして、子供に読んで欲しいと思える作品。

 

「COM COP」、1も2も本誌で読んだけど、この人鳥山明風味な絵になっても基本は高橋留美子なんだな、と思った。2でトムくんが大きくなってちょっとがっかりした記憶がある。

 

未収録の作品があるとのことだが、リアルタイムで自分が読んだのはこの4つ。

 

10年ほど前、懐かしくなって古本屋で購入し、まだ手元に置き続けている。

今度、子供に勧めてみよう。

 

www.mangaz.com

 

七つの海の最初が掲載時のカラで載ってた。

こんなだったなって思う一方で、ちょっと記憶と違うようなと思えるから、人の記憶ってやっぱりあいまい。 

七つの海―岩泉舞短編集 (ジャンプコミックス)

七つの海―岩泉舞短編集 (ジャンプコミックス)